自然さを追求した「ウィッグ」専門サロン~VIVO名古屋~

女性の薄毛・トップのボリューム・脱毛のお悩みやは『自然さ』を追求したVIVOのオーダーメイドウィッグ

水分を吸い込む人工毛!しっとり自然です。~新しく改良された人工毛発売~

f:id:vivonagoya:20180428161821p:plain


人工毛は劣化してくると、ピーリングといって毛先がチリチリしたり縮れたり
そんなふうになってくるのが一般的です。


f:id:vivonagoya:20180428162225j:plain
こんな感じのチリチリ現象を「ピーリング」と言います。


VIVOで扱っている人工毛
以前のものも、写真ほどのチリチリ現象は起きません。

でも、劣化とともに、チリチリとまでいきませんが、
クシ通りが悪くなってきたり、ファサファサしたり広がりがでてきたりします。



新しく改良された人工毛は縮れない

f:id:vivonagoya:20180428162356p:plain
サンプルの人工毛


提携している工場の社長いわく
「何度も(何年も)実証して縮れが起きない」
というようなことをおっしゃってました。


一般的によく出回っている人工毛というのは
静電気が起きやすく、チリチリになったり傷んだりしやすい、という特徴があります。


けれど、新しく開発されたVIVOの新人工毛は
静電気が起きにくく、ピーリングの現象は起きず傷みにくいようです。


以前の人工毛も、チリチリなんていう現象はまったく起きませんでした。
自分が使っているので言えます。

ただし、劣化はしてきます。もちろん。

劣化現象はどういうものかいうと、
・ファサファサといった広がりが出てくる
・クシ通りが悪くなる
といった感じです。

人毛も劣化すると似たようになってきます。


もともと、縮れる現象が起きにくい人工毛が、さらに改良され良くなったということなので期待できます。

でも、実際は使ってみなかれば分からないところもあるので、人工毛50%も入れてオーダーしてるところです。
今までは自分のウィッグに、50%も人工毛入れたことなかったけど試してみます。



水分を吸い込む人工毛

f:id:vivonagoya:20180428163103p:plain
水分を吸い込む人工毛とあって、とてもしっとりしてます。


一般的な人工毛は水分を吸いません。
なので例えば、人工毛100%のウィッグの場合、ウィッグを洗ったあとはドライヤーで乾かすとか必要ありませんよね。
だって、水分吸わないからすぐ乾きます。


新しくなった人工毛は、水分を吸収するとのこと。
たしかにね、すごくしっとりしているんですよ。

そういう違いにうとい、うちの旦那さんにも人工毛比較してもらいました。

何かにつけて、「そういうのよく分からない。」という旦那さん。
今回に限っては他の人工毛と比較して、手触り、見た目の違いを実感してくれていました。


人工毛特有のテカリももちろんなく、自然です。


vivo.hatenablog.com
上の記事でも書いてるんですけど
今使ってるわたしのウィッグ、イイ感じで傷みが出てきてるんですよ。

「イイ感じ」というのは、
傷んだウィッグのケア方法を色々検証できるじゃないですか、
どんな製品が効くとか。

なかなか、傷んだウィッグを使える機会もないのでね。

なので、新しいウィッグをオーダーするつもりはなかったんですが
「自分でも新しい製品は使って感じてみなければ!」と思いオーダーしてみました。


なので、6月頃にウィッグが到着したら
新しいウィッグと、実験用に古いウィッグと両方使いながら過ごしていこうと思ってます

なんて私事のどうでもいい話。
自分が使って半年とか1年とか色々感じることアップしてきますネ!



※4月1日よりオーダーウィッグの注文をされたお客様より、新しい人工毛が入っております。
人工毛が入ったウィッグを注文された方の場合






○●-----------------------------------------●○
 オーダーウィッグ専門サロン
 VIVO名古屋
 
 ●無料試着はお気軽にお越しください
 お問い合わせ⇒052-825-4570
 お問合せフォーム⇒こちら

 ●VIVOのホームページ
○●-----------------------------------------●○